ED治療薬
こんにちは,ようこそ! 【ログイン】 【新規登録】  
健康情報

関連商品

現在の位置: ホーム > 健康情報 > 現代社会のストレスで勃起不全になる問題が確かに深刻に存在している

現代社会のストレスで勃起不全になる問題が確かに深刻に存在している

yahookanpou / 2012-07-31
[] [] []

勃起不全の定義がどんなですか?。欧米では、「性交のチャンスの75%以上で勃起が不十分なため挿入が不可能なもの」や「挿入するのに十分な勃起が得られなかったり、勃起が維持できないもの」というのが勃起不全の定義になっておりました。しかも実際勃起不全になっている患者さんの気持ちをバカにするような意味合いもあるということから、使われなくなってきたようです。ED(勃起障害)の種類についてまだご覧頂いてないあるいは知らない方はこちらからどうぞ。

最近ではインポテンスに代わって、勃起不全やEDがよく使われるようになりました。まったく勃起しない勃起不全もあれば、セックスの途中で萎えてしまう中折れタイプもあれば、朝勃ちやオナニーはできるのにいざ本番になると勃起しない経験不足や精神的な原因の勃起不全など人それぞれいろいろな勃起不全があります。抗うつ薬、咳止め、胃潰瘍の薬、高血圧の薬なども勃起不全を引き起こすかもしれない薬はたくさんあります。機能性勃起障害が併発しているものと基礎疾患 との併発があります。

最近日本で現在4070歳の男性の半数以上、 約1,000万人が何らかの原因でEDになっていると考えられる。これらは気づいている方より気づかずに進行している場合が多く、EDの方は年々増加しています。ストレス、栄養の偏った食生活、運動不足、飲酒、喫煙など勃起不全となる原因はたくさんあります。最近では多くの男性がストレスを持っており、生活習慣病にも悩まされています。加齢によって勃たなくなってくると思っている人が多いです。

勃起不全は年齢問わず誰でも起こりうる、身近なものなんです。性教育不足や性情報による思い込み.誤解や実践不足などから、セックスがうまくできないというのもあります。ペニスへの性的な直接刺激によって、大脳皮質が刺激され、その刺激が脊髄を通って勃起の神経に届きます。生活習慣病が深く関係しており、動脈硬化との関係性も強いです。性欲という本能の部分は、男性ホルモンが強く関係していますので、その男性ホルモンが低下してしまう。