ED治療薬
こんにちは,ようこそ! 【ログイン】 【新規登録】  
ダイエット

関連商品

現在の位置: ホーム > 健康情報 > ダイエット > 膝(ひざ)のケガ予防

膝(ひざ)のケガ予防

ED治療薬 / 2008-08-13
[] [] []

ウォーキングから始める」でウッズがひざをケガしてつらい目にあったことはお話しました。

1回目のジョギングでの失敗のあと、半年間ほどの期間がありましたから、
テレビや本などから、ウッズの頭の中に自然と
ひざをケガしないための方法が入ってきました。

その情報をもとに、2回目のジョギングではケガをしないよう
ふたつのことをしたんです。

このふたつのことをしたおかげで、
ひざをケガするということはなくなりました。

とても簡単なことなので、
ジョギングやランニングをするさいには、ぜひご活用ください!

効果的なヒザの怪我予防法

1)片ヒザスクワット

ひとつ目は「片ヒザスクワット」です。
これは、もちろん走る前に行ってくださいね。^^)

やり方は、片足立ちしてから、
ヒザを少しきついくらいのところまで曲げるだけです。

ウッズは、これを片足20回ずつやっていました。

ものすごく簡単ですよね。2分とかかりません。

ヒザが温まってない状態で走ると、着地の衝撃などにより
ケガしやすくなりますから、片ヒザスクワットで、
まずはヒザを軽く温めてあげましょう!

軽めのダンベルなどを持ってやると、さらに効果的です。

(2)サポーター

ウッズは学生のクラブ活動でも、よくヒザのサポーターを利用していました。
(この年になってまた利用するとは思いませんでした。笑)

サポーターも保温効果という点で、ひざのケガを予防してくれます。

1日中ずっと着ける必要もありませんし、
ひざが痛くない時も、着ける必要はないと思います。

ジョギングを続けていると、ヒザになんとなく違和感がある日というのが
ありますから、そういった時にサポーターを装着すると、
不思議と違和感がなくなるものなんです。

【サポーターについて】
ウッズは『
ナイキのニースリープ(オープン)』を使用しています。

オープンとクローズドと2種類ありますが、
走るだけならクローズドタイプでも問題ないと思います。
ウッズは、外見の良さでオープンを選びました。^^)